interview: Miyuki

image

密かに、そして着実に人気を獲得しつつあるロシアのエレクトロニックアーティストMiyuki。彼女の音楽は一貫している。広大なシベリアの大地と寒風を2ステップのビートと研ぎ澄まされた反響音でアンビエント的に表現し、濁りの無い清潔なフューチャーガラージュへと昇華している。先日、当ブログで取り上げたところ反響があったため急遽インタビューを彼女に提案したところ快く引き受けてくれた。まだ謎が多いミユキ。可愛らしいアーティスト写真からは想像の付かない芯の通った一面や、遠いロシアの地から日本文化への愛情などを語っていただいた。

image

(インタビュー・文 / @az_ogi


――まず自己紹介をしてもらえる?
こんにちは。私の名前はレーラ・バウアー。1991年にロシアの大都市の一つノヴォシビルスクという街で生まれたの。母は教師で父はピアニストっていう芸術一家に生まれて、7歳の時に音楽学校に連れられてチェロのレッスンを受けさせられたの。何年間もオーケストラで演奏していたんだけど、ある時エレクトロニックミュージックの制作を心に決めたのね。それから数ヶ月間、調べたりググったりしたらAbleton Live(音楽制作ソフト)に出会ってすぐにそれを使うことにしたわ。そしたらフューチャーガラージュ/ダブステップの曲がいくつか出来たの。それで完成した曲をアップロードして公開したらとても反応が良くて、みんながもっと聴かせてくれって。
成功っていうのはどこからも来るものじゃないと思ってて、正直なところ私は要らないの。私は哲学に没頭するのが大好きで、特にストア学派の哲学者ルキウス・セネカが好き。人生の意味は永続した自己研鑽と高徳の獲得だと思ってるわ。

――クラシックからエレクトロニックに転向したのはなぜ?
理由はシンプル。クラシックに飽きたの。あと、誰かが作った曲を演奏してたら自分自身で何も作り出せないじゃない。

――ロシアのエレクトロニックシーンはどう?
ロシアのエレクトロニックシーンはかなり成長してるわ。ほとんど男性が支配してるけどね。FaibとかIshomeのような女性プロデューサーを少し知ってるけど、彼女達の曲はとっても綺麗で聴く価値があるわよ。

――アンビエントでチルアルトな素晴らしいミュージシャンJan Amitと共作しているね。彼とはどういう関係?
Janと私は最近ネット上で知り合ったの。お互いの音楽が好きで、Janの方から一緒に何かしないかって持ちかけてきたのね。私がそれに賛成して出来たのが今私のSoundCloudで一番再生数の多いDreamy Mindという曲よ。彼とはまた一緒にEP制作すると思うわ。

Dreamy Mind (feat. Jan Amit)

SoundCloudでは再生数が3000(記事掲載時)を超え最も人気のある曲

――共作のEP楽しみだね。インスピレーションを受けたものを教えて。
色んな物ね。本や映画、他のアーティストの楽曲や日々経験したり感じたりすること。アーティストの名前で言えばBalam AcabShlohmoSina.、James BlakeTrifonic

――自分の音楽を3つの単語で表すとしたら?
3つ?えーと親切、道理、謙虚かしら。

――ミユキって日本の名前だったり新作EP『The Android’s Dream』は日本のアニメにとても影響受けてるよね。実際日本語も勉強しているらしいけど、それだけ日本文化に惹き付けられる理由は何?
父は日本人だけど私は日本で育ってないから、とても日本的な視点でいろいろな事を考えて育ったのよ。それに日本語に初めて触れたのは小さい頃で、成長した時にはある程度基本的な事は出来てたわ。
私のアニメへの情熱は偶然起きたの。学校に通ってた頃にクラスメイトがデスノートを紹介してくれたのね。今ではあの作品はティーンエイジャー向けだって分かってるから世界で一番の作品だなんて思ってはいないけど、あの頃はすぐハマっちゃって。それからたくさんの作品を漁るようになったわ。
学校を卒業した後、将来の自分の専門分野は確信してた。言語学と日本をはじめとしたアジア文化の研究ね。これが今私がやっていること。
新作EPはまさしく最高のアニメイヴの時間から影響受けてる。最近また観て、私なりに考えたこのアニメのサウンドトラックを作ろうと決めて、要点をまとめてタイトルにしたわ。そんな感じかな。

――一番好きなアニメは?
えーと、たくさんありすぎて決められない!でもたぶん私に強く影響与えているのはイヴの時間、プラネテス、エルゴプラクシー、テクノライズ、serial experiments lain、パプリカ、Monster、さよなら絶望先生、蟲師ね。全部ホント最高!

――日本文化のどんなところが好き?
日本文化はロシアのそれとは全く違うわね。日本人は礼儀正しいし信頼出来るし、道徳的で謙虚よね。私は日本人の生活の裏側にある思想が本当に好きなの。特に、年配者を敬うように教えられるところ、謙虚なところ、様々な美徳を受け入れるところね。悲しいけどこれは私がいるロシアでは失われたものよ。

――GrimesやLaurel HaloやNite Jewelといった若い世代の宅録ガールズにシンパシーを感じたりはする?
そのあたりは聴いたことないわね。Grimesは聴いたけど、あれはかなり流行好きやミーハーな人向けのピッチフォーク系に誇大広告された類いの音楽よね。彼女に悪気は無いけど。

――ははは笑 全くその通りだね。これから音楽を通してどんなものを表現したいか、あと何か告知があったら教えて。
私は今まで通りのことをやってくわ。何も大きいことはせず、音楽を作ってみんなとシェアしたいの。その時の気持ちって何にも代え難いものだと思うわ。今はまだ明かせないけど、とあるデジタルレーベルのためにEPを作ってるところなの。あと女性プロデューサー限定のコンピレーションに収録するリミックスも作ってる途中よ。

――最後に、日本のみんなにメッセージを。
"私は日本のだいすきだ!いつか日本に行く"
謙虚そして高徳でいること。ストア主義と自尊心を手に入れましょう。自己成長に努めましょう。
"がんばって!"

image

SoundCloud
Bandcamp


以下英文(原文に一部修正を加えています)

- Please introduce yourself for readers
Hey, my name is Lera Bauer, I was born in 1991 in a city called Novosibirsk, which is one of the biggest cities in Russia. I was born in an artistic family, my mother being a teacher and my father a pianist. At the age of 7 I was brought to the music school and took cello lessons. Having played for many years in the orchestra, I decided to set my heart on electronic music production. After months of searching & googling, I came across Ableton Live and instantly took to it, which resulted in a few future garage / dubstep tracks. Having uploaded them to the public, I instantly got positive reviews and praise, with people willing to hear more.
The success came out of nowhere for me, but I don’t need it in all honesty, for I am devoted to philosophy the most. I especially like the ancient stoics, led by Lucius Seneca.
I define the meaning of life as a permanent self-development and acquisition of the virtuous qualities.

- Why you changed your music into electronic.
The reason I dropped orchestra is simply because I just got bored of classical music & not being able to produce something of my OWN, instead of playing someone else’s music.

- Please let me know electronic music scene in Russia.
The electronic scene in Russia is pretty developed, although it’s mostly male-dominated. I know of a few female-producers such as Faib and Ishome, who are making wonderfully beautiful music and worth listening.

- What is your connection with great Ambient/Chillout musician Jan Amit?
Jan & I became friends on the Internet not so long ago, we liked each other’s music and Jan proposed to do a collaboration work, I agreed and the result of this was the track called ‘Dreamy Mind’, which is now the most listened track on my soundcloud (over 3000 listens). We might do an EP together in the future.

- I can’t wait. Who inspired you?
Inspiration tends to come from different things: it can be books, films, other artists’ music or emotions that I experience during the day. If speaking about specific artists that inspired me, I would name Balam Acab, Shlohmo, Sina., James Blake, Trifonic.

- Please describe your music by 3 words.
3 words? Well: kindness, righteousness & modesty.

- Miyuki is a japanese name, and japanese ‘アニメ’ influences to your new EP ‘The Android’s Dream’. Actually, you study japanese and japanese culture. Why you are so attracted by japanese culture?
My father is of a japanese origin, and although I didn’t live in Japan, I was brought up with a strong japanese view on different things in life. Besides, I did my first steps in 日本語 as a child, so when I grew up I already had a certain basis in language.
My passion towards anime came by quite accidentally: when I was at school, I was introduced to the ‘Death Note' by my classmate, and although now I realise this is not one of the best titles in the world and in fact it's rather teenager-oriented, I instantly liked it back then, and the amount of titles I watched grew extraordinarily rapidly.
Having graduated from school, I had no doubts as to my future specialization - I decided to study linguistics & Asian cultures, particularly Japan, which I still do now.
The last EP is directly influenced by the wonderful anime called ‘The time of Eve / イヴの時間’. I’ve recently rewatched it, and decided to do my view on the soundtrack which should have been in the anime, and to summarize the points given in the title.
So it goes :)

- Which Anime do you like the most?
Well, there’s no many splendid anime out there, it’s difficult to choose! But I think the ones that had the most effect on me were: Eve no Jikan, Planetes, Ergo Proxy, Texhnolyze, Serial Experiments Lain, Paprika, Monster, Sayonara Zetsubou Sensei, Mushishi. These are simply amazing!

- What kind of culture in Japan do you like?
Japanese culture is absolutely different from the russian one. The Japanese tend to be more polite, more responsible, more virtuous and modest. I really like the philosophy behind the Japanese life, especially the way japanese people raise their children: kids are taught to respect the elders, to be modest & acquire different virtues. Sadly enough, this is something we’re missing here in Russia.

- Do you have a sympathy to overseas indie bedroom females of younger generation like Grimes, Laurel Halo, Nite Jewel?
I haven’t really listened to those producers, I don’t know. I’ve heard of Grimes though, but I think it’s too trendy & hipster-ish pitchfork-oriented overhyped sort of music, no offence to the girl.

- Hahaha definitely! Maybe you get the point. In the future, what do you want to express in music? And let me know any news or information about Miyuki.
I plan to keep it the way it is, nothing big, I just love making music and sharing it with people, emotions is the best profit I can get.
I’m currently doing an EP for some good digital label which I don’t want to reveal now, and a remix for some good compilation which will feature female-only producers.

- Please message for Japan.
私は日本のだいすきだ!いつか日本に行く
Be modest & virtuous, obtain stoicism & self-respect, be keen on self-development.
がんばって!

Words and interview by @az_ogi

Notes

  1. chuburu reblogged this from hihiwhoopee
  2. nossorijubei reblogged this from hihiwhoopee
  3. hihiwhoopee posted this